ダウン症のための総合情報サイト【with21】


新着記事



など、家での過ごし方や、平日に通っている障がい者施設での様子などが、シンプルながらもコミカルなイラストで描かれている。その行動のひとつひとつに個性があり秩序があるのだと、佐藤さんは語る。 「ダウン症

新型出生前診断の正式名称は無侵襲的出生前遺伝学的検査でNIPT(non-invasive prenatal genetic testing)と呼ばれてます。NIPTでは、最新の医療技術によって母体の

2016年01月11日22:30優性思想って何が悪いんや?Tweet1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/10(日)23:13:44 ID:0a5強生弱死は普遍的に正しいやろ転載元:http:

初めての妊娠、そして出産。どんな子どもが生まれてくるか、妊婦さんなら一度は不安を抱くものですよね。しかし、「障害があったらどうしよう」と不安に思ったとき、いまの日本は安心して子どもを産める国だといえ

妊婦の血液を分析しておなかの中の胎児に染色体の異常があるか判定する新型出生前検査について、検査を実施する医療機関で作るグループが5年間の臨床研究の結果をまとめたところ、異常が確定し出産が可能だった人

自らもダウン症の息子を持つ女優・サリーが、出生前診断の結果を受けて中絶を選ぶ女性が多いことに疑問を感じ、医師や制度の問題点を探りながら社会の多様性を訴える。 出生前診断の精度が上がった結果、イギリス

「NHK for School」では、利便性の向上のためにJavaScriptを使用しています。 ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご利用ください。 動画の再生、一部コンテンツには、A

サンティーノ・スタグリアノの家族は、米フィラデルフィアで開催されるママーズ・パレードを避けるために、その時期は遠くに出かけていた頃もありました。 サンティーノは発達障害です。人ごみが苦手です。 さら

> > 特集インタビュー 奥山佳恵、ダウン症の息子を通常学級に その理由に、多くの親から温かい声 奥山佳恵、ダウン症の息子を通常学級に その理由に、多くの親から温かい声 2017年12月23日 12

京都大学は9月5日、妊娠中のマウスに投与すると、胎内にいるダウン症の子どもマウスの症状を改善するという物質を発見し、「アルジャーノン」と命名したと発表した。脳の発達不全を起こすダウン症の、出生前治療

京都大学は、ダウン症の出生前治療を可能にする新規化合物「アルジャーノン」を発見したと明らかにした。インターネット上ではその呼称から、著名SF小説「アルジャーノンに花束を」を連想する人が続出したが、特

妊娠中のマウスに与えることで、生まれてきたダウン症の子どもマウスの症状を改善する化合物を、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが見つけた。5日、米科学アカデミー紀要に発表する。 ダウン症は

ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発

> > > > 胎児期にダウン症改善 化合物「アルジャーノン」発見 マウス実験で学習能力が向上 京大 胎児期にダウン症改善 化合物「アルジャーノン」発見 マウス実験で学習能力が向上 京大 2017年

2017 - 08 - 11 【子育て日記】ダウン症検査をして分かった、ダウン症検査の本当の意味 子育て日記 こんにちは、そめです。 嫁が妊娠して間もなく、6ヶ月というところで、無事安定期に入りほっ


ユーザー名:

パスワード:

保存する:
  • Follow @with21net1 on Twitter