ダウン症のための総合情報サイト【with21】


染色体異常確定で中絶が98% 新型出生前検査 | NHKニュース




妊婦の血液を分析しておなかの中の胎児に染色体の異常があるか判定する新型出生前検査について、検査を実施する医療機関で作るグループが5年間の臨床研究の結果をまとめたところ、異常が確定し出産が可能だった人のうちおよそ98%が人工妊娠中絶を選んだことがわかりました。 検査を実施する医療機関で作るグループがその結果をまとめたところ、去年9月までに新型出生前検査を受けた妊婦は、5万1000人余りで、このうち、...

記事の続き、掲載元を参照
▲この記事を評価する ▼この記事を評価しない

記事が気に入れば「+」ボタンで評価してください。評価できない記事には「-」ボタンを押してください。
「10」ポイント以上の評価になると注目記事へと掲載されてより多くの方に読んでいただけるようになります。
週刊、月刊、年刊NEWSでは評価の高いものから順に表示されます。より役に立つ記事を皆さまにお届けできるようご協力ください。

この記事に関するコメント、感想などお気軽に投稿ください。


Submit a Comment  Name : 






_EǁAmIQ҂̖fOoApjh~


ユーザー名:

パスワード:

保存する:
  • Follow @with21net1 on Twitter