ダウン症のための総合情報サイト【with21】


ダウン症のない世界? | BS世界のドキュメンタリー | NHK BS1




自らもダウン症の息子を持つ女優・サリーが、出生前診断の結果を受けて中絶を選ぶ女性が多いことに疑問を感じ、医師や制度の問題点を探りながら社会の多様性を訴える。 出生前診断の精度が上がった結果、イギリスではダウン症の子どもが生まれる確率が高い場合、90%の女性が中絶を選ぶ時代になっている。番組のプレゼンターであるサリーは女優で脚本家。11歳になる息子のオリーはダウン症だ。サリーは、自分の実感としてオリ...

記事の続き、掲載元を参照
▲この記事を評価する ▼この記事を評価しない

記事が気に入れば「+」ボタンで評価してください。評価できない記事には「-」ボタンを押してください。
「10」ポイント以上の評価になると注目記事へと掲載されてより多くの方に読んでいただけるようになります。
週刊、月刊、年刊NEWSでは評価の高いものから順に表示されます。より役に立つ記事を皆さまにお届けできるようご協力ください。

この記事に関するコメント、感想などお気軽に投稿ください。


Submit a Comment  Name : 






_EǁAmIQ҂̖fOoApjh~


ユーザー名:

パスワード:

保存する:
  • Follow @with21net1 on Twitter