ダウン症のための総合情報サイト【with21】


胎児期にダウン症改善 化合物「アルジャーノン」発見 マウス実験で学習能力が向上 京大(1/2ページ) - 産経WEST




ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)らのグループが、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。化合物の作用で神経細胞の増殖が促され、ダウン症の症状が改善されるという。  将来、出生前診断をした人の胎児を対象とした薬剤の開発につながる可能性がある。ただ、人の胎児で臨床研究を行うことの是非な...

記事の続き、掲載元を参照
▲この記事を評価する ▼この記事を評価しない

記事が気に入れば「+」ボタンで評価してください。評価できない記事には「-」ボタンを押してください。
「10」ポイント以上の評価になると注目記事へと掲載されてより多くの方に読んでいただけるようになります。
週刊、月刊、年刊NEWSでは評価の高いものから順に表示されます。より役に立つ記事を皆さまにお届けできるようご協力ください。

この記事に関するコメント、感想などお気軽に投稿ください。


Submit a Comment  Name : 






_EǁAmIQ҂̖fOoApjh~


ユーザー名:

パスワード:

保存する:
  • Follow @with21net1 on Twitter