ダウン症のための総合情報サイト【with21】


「ダウン症の子供たちにはアビリティがある」 映画『チョコレートドーナツ』出演俳優と日本の子供たちの「心の交流」




『チョコレートドーナツ』で愛情あふれる家庭の姿を描き切ったトラヴィス監督。ダウン症を持つ人にとっては過酷とも言える映画の撮影をこなし、迫真の演技を見せたアイザックさん。そして愛情たっぷりに育てながらアイザックさんに役者の道を開いた母のジャスティンさん。3人に話を聞いた。 写真左よりジャスティン・レイヴァさん、アイザック・レイヴァさん、トラヴィス・ファイン監督___■ 「アイザックが『初心』の大切さ...

記事の続き、掲載元を参照
▲この記事を評価する ▼この記事を評価しない

記事が気に入れば「+」ボタンで評価してください。評価できない記事には「-」ボタンを押してください。
「10」ポイント以上の評価になると注目記事へと掲載されてより多くの方に読んでいただけるようになります。
週刊、月刊、年刊NEWSでは評価の高いものから順に表示されます。より役に立つ記事を皆さまにお届けできるようご協力ください。

この記事に関するコメント、感想などお気軽に投稿ください。


Submit a Comment  Name : 






_EǁAmIQ҂̖fOoApjh~


ユーザー名:

パスワード:

保存する:
  • Follow @with21net1 on Twitter